fc2ブログ

ホンダ

(有)オートプラザ青木のお買得中古車情報!
中古車・買い替え・安い車■検索
オートプラザ青木のお買得中古車をチェック  
ホンダ 一時帰休行わず

ホンダは1日、国内工場の四輪車部門で検討していた最大17日間の一時帰休について、実施しないことを決めた。
下期(10月~来年3月)の休日14日分を、6~8月に前倒しするとした計画についても、4日分に縮小する。

東日本大震災の影響で滞っていた部品調達が想定より早く回復しているためという。

休日の前倒しでは、埼玉製作所(埼玉県狭山市)と鈴鹿製尺所(三重県鈴鹿市)の完成車生産部門で、6月に4日間の前倒し休日を設ける。

海外向けの部品生産部門の一部は出勤する。
完成車部門は10月以降に振り替えの勤務日を設定、下期の増産に備える。

栃木製作所(栃木県真岡市)と浜松製作所(浜松市)は、休日の前倒しはしない。


ホンダ一時帰休行わず
北陸中日新聞(平成23年6月2日:朝刊)


いつもありがとうございます!
人気ブログランキングへ おきてがみ


オートプラザ青木のお買得中古車をチェック

新車・中古車販売・車検・点検・オイル交換・タイヤ交換
お車のことならお任せ下さい!

スポンサーサイト



米でホンダが83万台調査へ
エアバッグ不具合

ホンダは3日、運転席のエアバッグの不具合で関連部品が飛び散り、けがなどをする恐れがあるとして、米国で販売した約83万3,000台を調査、一部をリコール(無料の回収.修理)すると発表した。

ホンダによると、調査の対象は2001~2002年型の主力車「アコード」と「シビック」、2002年型のミニバン「オデッセイ」、2002~2003年型のスポーツタイプ多目的車(SUV)「CR-V」など計6車種。
うちリコールが必要なのは、事故車などで修理した際に問題の部品を使用した2,430台。

エアバッグが過度の圧力で破裂して金属部品などが飛び出し、怪我をしたり、死亡したりする可能性もある。
どの車に使われたか特定できないため対象車種の保有者全員に通知、確認を促す。
ホンダは同様の不具合で2010年2月までに米国とカナダ、日本などで計約95万台のリコールを実施した。

ホンダ エアバッグ不具合
北陸中日新聞(平成23年5月5日:朝刊)

いつもありがとうございます!
人気ブログランキングへ おきてがみ


オートプラザ青木のお買得中古車をチェック

新車・中古車販売・車検・点検・オイル交換・タイヤ交換
お車のことならお任せ下さい!

いつもありがとうございます
石川県河北郡津幡町領家イ27-1
(有)オートプラザ青木 TEL(076)289-0009




北米減産 今夏まで継続
ホンダ 新型車販売にも影響

ホンダは2日、東日本大震災で部品供給が滞っていることを受けて、米国とカナダにある計6工場で、現在50%減産としている措置を今夏まで継続すると発表した。

また4月に発売した主力車の新型「シビック」について電装部品などの不足を理由に大幅減産するほか、今秋に予定していたスポーツタイプ多目的車(SUV)「CR-V」の発売が最低1ヶ月遅れるとの計画を示した。

主力の北米市場で生産だけでなく、販売面にも影響が及んできた格好で、今後業績が悪化する可能性も出てきた。
小型車「フィット」やハイブリッド車「インサイト」など日本からの輸入車の台数も絞り込む。

ホンダによると、震災から4月末までの北米での減産による影響は約6万1,000台で、今後さらに増加する見込み。
7月以降の生産体制については未定としている。
減産によるレイオフ(従業員の一時帰休)は行わない。

ホンダ 今夏まで継続
北陸中日新聞(平成23年5月4日:朝刊)

いつもありがとうございます!
人気ブログランキングへ おきてがみ


オートプラザ青木のお買得中古車をチェック

新車・中古車販売・車検・点検・オイル交換・タイヤ交換
お車のことならお任せ下さい!

いつもありがとうございます
石川県河北郡津幡町領家イ27-1
(有)オートプラザ青木 TEL(076)289-0009


ホンダ純利益倍増 3月期決算

ホンダが28日発表した2011年3月期連結決算は、純利益が前期比99.0%増の5,340億円でほぼ倍増となった。
自動車が北米やアジアで販売台数を伸ばし、アジアや南米の新興国で二輪車の販売が好調だったことが寄与した。

売上高は4.2%増の8兆9,368億円だった。
売り上げ台数は四輪車が3.5%増の351万2000台、二輪車は18.7%増の1,144万5000台。

東日本大震災による損失額は457億円だった。円高による営業利益の減少分は1376億円。

2012年3月期業績予想は、震災で部品の供給が安定せず、生産の見通しが不透明などとして公表を見送った。

ホンダ純利益倍増
北陸中日新聞(平成23年4月29日:朝刊)


いつもありがとうございます!
人気ブログランキングへ おきてがみ


オートプラザ青木のお買得中古車をチェック

新車・中古車販売・車検・点検・オイル交換・タイヤ交換
お車のことならお任せ下さい!

いつもありがとうございます
石川県河北郡津幡町領家イ27-1
(有)オートプラザ青木 TEL(076)289-0009


ホンダ新型ワゴン 鈴鹿に生産移管へ
埼玉製作所 夏の節電で支障

ホンダは18日、埼玉製作所(埼玉県狭山市)で製造予定だったワゴン型の新型車「フィットシャトル」の生産を鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市に全面的に移すことを明らかにした。
5月の連休明けから生産を始める。

東京電力管内の埼玉製作所は夏の電力使用制限で生産に支障が出るため、中部電力管内の鈴鹿への移転を決めた。
新型車は当初3月中旬に発売予定だったが、震災で延期され、発売時期は未定。

またホンダは同日、埼玉製作所の組み立てラインを報道陣に公開。
東日本大震災の影響で停止していた埼玉製作所は11日から再開し、ミニバンの「フリード」や「オデッセイ」などを生産している。

部品不足で操業率は5割程度の1日600~700台、操業時間も通常の半分の8時間ほどだがようやく国内外への出荷が始まっている。

ただ震災前は1日16時間稼動していたが、現在は昼間のみ操業。
片山行所長は「生産再開が企業として最大の社会貢献であり、1日も早く通常操業に戻したい」と説明した。

鈴鹿に生産移管へ
北陸中日新聞(平成23年4月19日:朝刊)


いつもありがとうございます!
人気ブログランキングへ おきてがみ


オートプラザ青木のお買得中古車をチェック

新車・中古車販売・車検・点検・オイル交換・タイヤ交換
お車のことならお任せ下さい!

いつもありがとうございます
石川県河北郡津幡町領家イ27-1
(有)オートプラザ青木 TEL(076)289-0009

 | Copyright © 石川でお買得中古車を探す All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ